龍谷ニュース

龍谷ニュース

  • 2020/11/20

    光触媒でウイルス分解

    本校では過日、校内ほぼ全エリアにおいて、「光触媒」による抗ウイルス・抗菌コーティング施工を行いました。この光触媒は、酸化チタンの粒子をスプレー噴射することで、ウイルス対策に長期間効果を発揮するというもです。新型コロナウイルスの感染拡大の第3波が来ている中、感染リスクの低減を図り、生徒がより安心安全な高校生活を送れるようにと実施しました。

  • 2020/11/18

    柔道「高校選手権支部 団体」優勝

    11/14に第43回全国高校柔道選手権旭川支部大会が、愛別町B&G愛別海洋センターで行われました。新型コロナウィルス対策をしての大会で、結果は次の通りです。団体戦で3年ぶりの優勝、個人戦では2階級優勝など、13名が全道大会に駒を進めました。【男子団体】  優勝 旭川龍谷  2位 旭川工業  3位 旭川大学 / 旭川東【男子個人】 66kg級  3位 横澤 優樹(1年) 73kg級  優勝 畠山  錬(2年) 81kg級  2位 尾崎 翔夢(2年)      3位 髙橋 龍麗(1年) / 酒井 元気(1年) 無差別級 優勝 中村 考志(1年)      2位 畠山  鐘(1年)      3位 中井 計人(2年)      5位 本前 雄基(2年) / 福沢 夢叶(2年) / 木村 和暉(2年)      9位 横田 大翔(1年) / 和田 佳大(1年)

  • 2020/11/16

    春の高校バレー「全道大会」ベスト8

    11/12~14に第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会北海道代表決定戦が、北海道立総合体育館センターでありました。通称「春高バレー」と呼ばれている大会です。女子バレーボール部が3年連続出場しました。戦績は次の通りです。全道ベスト8 まで進みました。【女子】 2回戦 2{25-17,25-09}0 帯広緑陽 3回戦 2{25-10,25-03}0 留萌 4回戦 0{14-25,20-25}2 札幌山の手 優勝 札幌山の手3年生ラストの大会と言うことで、3年生の意地とプライドを見ることができたそうです。残念ながら全道ベスト4という夢を叶えることができませんでしたが、後輩がその夢を引き継ぎました。

  • 2020/11/12

    特進S「大学の学び体験 出前講義」実施

    11/11に特進Sコース1・2学年対象の大学出前講義が実施されました。大学の学び体験になり、理系講義・文系講義に分かれて行われました。理系講義は、次世代材料の開発を主に研究しておられる、室蘭工業大学の関根ちひろ教授にお越しいただき、「ペルチェ素子」を利用して氷とお湯で発電できることを理論と実験を用いて教えていただきました。エネルギーロスがなく、クリーンな発電方法に関心を持ったようです。文系講義は、北海道教育大学旭川校で、英語科教育法を専門に研究されている笠原究教授にお越しいただき、単語量を増やすための取り組み方や、英語と日本語の発音システムの違いなどについて教えていただきました。最後はビートルズのリスニングで締めくくり、楽しく学ぶことができました。本校では、大学からの出前講座を取り入れることで、生徒の学び意識の向上に努めています。

  • 2020/11/12

    キャリア「校内職業体験講座」実施

    11/11に校内職業体験講座が、1学年キャリアデザインコース対象に行われました。専門学校や大学の講師による職業別体験型ガイダンスで、13の職業による講座が準備されました。生徒は2講座を受講、お仕事の話や体験をしました。写真は、美容や自動車のお仕事体験の様子です。

  • 2020/11/12

    保護者向け「学校公開デー」を実施

    本校では、保護者向け「学校公開デー」を実施しており、11/11の3・4時間目の授業を参観していただきました。この取組は、保護者の皆様に日常の授業風景を見ていただき、ご意見やご要望を教育現場にフィードバックするものです。この度の貴重なご意見やご要望も、今後の本校の「夢が実現できる学校づくり」に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 2020/11/11

    剣道「高体連新人支部 男子」優勝

    11/7に第40回北海道高等学校新人剣道大会旭川支部予選会がありました。今年度の剣道は、コロナ禍の関係で主だった大会が中止となりました。今回の大会は、新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドラインにそって、安全に大会が行われるよう実施されました。戦績は次の通りです。男子団体で初優勝、女子団体II部で準優勝、男子個人で4名が全道大会進出と、今まで大会がなかったのを吹き飛ばすように、その実力を見せてくれました。【男子団体】初優勝 全道へ [予選リーグ]  ×0-2〇 旭川永嶺  〇4-0× 旭川商業  〇4-0× 旭川高専 [決勝トーナメント]  1回戦 〇4-1× 旭川北  準決勝 〇5-0× 旭川大高  決 勝 〇3-0× 旭川永嶺【男子個人】  優 勝 林   蓮(1年) 全道へ  準優勝 幸田 伊織(1年) 全道へ  7 位 信田竣乃介(1年) 全道へ  9 位 久保田 颯(2年) 全道へ【女子団体II部】準優勝 全道へ  ×1-1本〇 旭川東  〇2-1×  留萌  〇1-0×  旭川工業

  • 2020/11/11

    郷土「アイヌ文化に親しむ日」参加

    郷土部が、11/3に旭川市博物館で開催された「アイヌ文化に親しむ日」に参加し、上川アイヌの研究成果の発表と活動展示を行いました。当内容は、高文連全道大会で発表予定でしたが開催が中止、今回の発表は、生徒にとって活動を報告する良い機会となりました。4つの研究テーマを発表しました。 1) 上川アイヌの生活と植物 ~シナノキの樹皮利用~ 2) 上川アイヌの生活と植物 ~サビタの樹皮利用~ 3) 近文アイヌ墓地とイアレ=先祖供養 4) アイヌ民族の信仰観 ~ケエ ホムス「魔神祓い」の呪術的行進~郷土部もコロナ禍の影響で、毎年参加したアイヌ民族の伝統儀式やイベントが自粛され、9月に行われた新しい鮭カムイチェプ(神魚)を迎える儀式「カムイチェプノミ」の参加のみとなっています。うれしい話としては、2018年に調香家でもある石田慶嗣理事長(慶誠寺住職)が郷土部に提案し製作されたオリジナルの塗るお香(塗香)「くろゆり香」の販売が、今年7月からウポポイの中にある国立アイヌ民族博物館ミュージアムショップで開始されたことです。同お香は、上川アイヌの文化が日本遺産に認定された時に、何か記念になるものを作れないかと製作されたもので、ウポポイの他、慶誠寺・川村カ子トアイヌ記念館・龍谷ミュージアムで取扱いをしています。写真は、樹木(サビタ)の採集と発表の様子です。

  • 2020/11/9

    ラグビー・駅伝で市長を表敬訪問

    全国高校ラグビー大会(花園)に3年連続での出場となったラグビー部と女子全国高校駅伝に9年連続9回目の出場となった陸上競技部(女子駅伝チーム)の選手らが、11/9に西川将人旭川市長を表敬訪問しました。前半がラグビー部で、後半が女子駅伝チームと分かれて対面しました。前半に中田校長の挨拶があり、前後半でそれぞれ、監督から選手の紹介・主将の決意表明・市長の挨拶・懇談・記念撮影が行われました。市長からラグビー部へ「今年のコロナ禍の大変な時期に、しかもラグビーはタックルやスクラムなど人との接触が特に激しいスポーツ、練習も大変だったでしょう。」と、駅伝チームには「9年連続出場するということは大変なことです。先輩方が作り上げた伝統をしっかりと引継いでいる証拠です。目標タイムの1時間9分台目指して頑張ってください。」、そして「体調管理をしっかりして、万全の態勢で全国大会にのぞんでください。」とエールをいただきました。写真は、記念撮影になります。

  • 2020/11/9

    今年度も「首里城復興募金」を行いました

    9/16,10/23の「報恩感謝の日」を利用して「首里城復興募金」を行いました。昨年度は街頭での募金活動も行いましたが、今年度は校内のみでの活動となりました。昨年に引き続きたくさんの募金が集まり、10/30に振り込みで5万円の募金を沖縄県庁にしました。今回、沖縄県の琉球放送(RBC)や北海道通信など各種メディアからの取材もあり、昨年見学旅行で沖縄を訪れた生徒会長の帯川さんと、今年訪問予定だった書記長の末澤さんを中心に取材を受けました。また、琉球放送を観た沖縄県在住の方から感謝のメールをいただきました。今後とも活動を継続していこうと思います。写真は、校内募金活動の様子です。

WEBサイト・ブログ

文部科学省
北海道学事課
北海道私立中学高等学校協会
ジョブカフェ北海道
北洋銀行
北海道労働金庫
龍谷総合学園
同窓会オフィシャルブログ
旭川龍谷高等学校野球部OB会
高校駅伝
保健室
図書局
文部科学省
北海道学事課
北海道私立中学高等学校協会
ジョブカフェ北海道
北洋銀行
北海道労働金庫
龍谷総合学園
同窓会オフィシャルブログ
旭川龍谷高等学校野球部OB会
高校駅伝
保健室
図書局

ページの先頭へ